【カナダと日本の二重国籍の方】カナダへ渡航される方は要注意です!


2016年11月10日より、カナダ国籍をお持ちの方は必ずカナダパスポートの携帯が義務付けられるようになりました。
これは大人も子供も関係なく、です。
そして新生児もカナダへ行く際はカナダパスポートが必要となります。

Sponsored Link

eTAについて


eTA(電子渡航認証)は、カナダ入国にビザが不要な国のパスポートを持つ人(米国を除く)が短期間の滞在のために空路でカナダに入国する際に必要な入国要件として導入されました。
2015年8月1日に申請の受付が開始し、2016年3月15日に義務化されました。
その後2016年11月9日までの猶予間が設けられ、eTAの取得がなくてもカナダ行きの航空便に搭乗できました。
それまで日加の二重国籍の方は日本のパスポートでeTAを取得し、渡航していたのではないでしょうか。

しかしながら、2016年11月10日よりカナダ国籍をお持ちの方はカナダパスポートの提示が必要となりました。
従ってカナダ国籍をお持ちの方やカナダ永住権を持つ方はeTAの申請は出来なくなりました。

例外として、米国籍の方/米国のパスポート保持者はeTA申請不要です。
ですが米国の永住者はeTAを取得する必要があり、カナダ行きの航空便にチェックインする際に、有効な米国永住者カード(グリーンカード)と有効なパスポートの提示が必要です。

ちなみにeTAの申請費用はカナダドル$7で、オンラインでカナダ政府のウェブサイトから申請できるようです。

 

日本で生まれ、片親がカナダ人の場合要注意


上記2016年11月から始まったポリシーをご存知でないかたで、日本生まれの日加二重国籍をお持ちの方やそのようなお子さんをお持ちの方、おそらく日本のパスポートで渡航されていたのではないでしょうか。
繰り返しますが、カナダ国籍を持っている場合日本のパスポートのみでの渡航は2016年11月10日より出来なくなったので要注意です。

「日本で生まれて今までカナダ政府にカナダ人であるとは登録していないから大丈夫」
ではなく、日本で生まれていても生まれた時点で片親がカナダ人だと自動的にカナダ国籍が授与されています。
従って日本で生まれても自動的にカナダ人とみなされます。

こちらからお子様やご自身のカナダ国籍を確認出来ます。

 

Sponsored Link

何をする必要があるのか


もし生まれてから何も行動を起こしていないようでしたら、お子様もしくはご自身のカナダ国籍証明書を申請し取得する必要があります。

カナダ国籍証明書が手元に届いたら今度はカナダパスポート申請となります。

カナダパスポートの申請に関しては下記リンクをご覧ください。

【カナダパスポート申請】General Passport Application必要書類と申請方法を丁寧に解説します!

【カナダパスポート申請】Child Passport Application必要書類と申請方法を丁寧に解説します!

そしてカナダパスポートを手にし、ようやくカナダへの渡航が可能となります。

カナダパスポートを携帯しないで渡航する場合

 

それではカナダパスポートを携帯しないでカナダに渡航しようとした場合どうなるのか。

カナダ国籍をお持ちの場合、そもそもeTA申請は出来ないはずです。

それでも通ってしまった場合、チェックインカウンターでカナダ国籍があると分かったら、カナダパスポートの提示を要請されます。
カナダパスポートを持っている親と一緒に渡航する場合、子供もカナダ国籍ですのでカナダパスポートがないと不自然ですよね。
そしてカナダパスポートの提示が出来ない場合、飛行機への搭乗が拒否されます。

結果、渡航日程の変更もしくはキャンセルを余儀なくされると考えた方がいいでしょう。

 

まとめ


空港で搭乗を拒否されるという最悪の状況に陥らないためにも、カナダとの二重国籍で未だにカナダ国籍証明書やパスポートを申請していない方はすぐにでも申請書類の準備を始め、申請することを推奨します。
もう片方のパスポート(日本のパスポート)のみでは不十分です。

最後までお読み頂き感謝します。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です