日本交通:川鍋一郎氏のプロフィールや年収は?タクシー王子の家族と嫁の家系が半端なく凄くて皇室とも関係が!?


2018年11月15日の『カンブリア宮殿』に日本交通会長の川鍋一郎氏が出演されます。

川鍋氏は「日本交通株式会社」創業家の3代目社長を経て現在は会長を務めていらっしゃいますが、この方のプロフィールもそうですが、ご家族とお嫁さんの家系が半端なく凄いのです!

まさにリアル「華麗なる一族」、「花より男子」に出てきそうな一家と言っても過言ではないくらいです。

川鍋氏のプロフィールや年収、ご家族、お嫁さんの家族についてまとめてみました。

Sponsored Link

川鍋一郎のプロフィール

出典:日本交通HP

名前:川鍋一郎(かわなべ・いちろう)

生年月日:19070年10月3日

出身地:東京都港区

血液型:B型

学歴:慶應義塾大学経済学部卒業、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了(Kellogg School of Management)

職業:実業家

                  日本交通株式会社代表取締役会長

                  Japan Taxi社長

                  全国ハイヤー・タクシー連合会副会長

                  東京ハイヤー・タクシー協会会長

川鍋氏は日本交通の創業者「川鍋秋蔵(かわなべ・あきぞう)」氏の孫として生まれ、物心がついた頃から「お前が3代目だ」と言われ育てられたので、会社を継がないといけないという意識を持っておられたそうです。

御曹司ということもあり、慶応義塾幼稚舎から中・高を経て、1993年慶応義塾大学経済学部を卒業されます。

その後渡米され、スタンフォード大学を経て1997年にノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院を修了され、同年マッキンゼー日本支社に経営コンサルタントとして入社されます。

2000年には取締役として日本交通に入社し、専務、副社長を経験し業界最年少の34歳の若さで社長に就任されます。

入社当初は1900億円もの負債を抱えていた日本交通を大胆な経営計画で立て直し、現在は攻めの姿勢で売上を伸ばしていらっしゃいます。

 

1900億円というとてつもない金額の負債を抱えた会社を立て直したというのはものすごい功績だと思います。

やはりそれは経営大学院だったりコンサルで培ったものもあるとは思いますが、それと同時に川鍋氏ご自身が変わり、「日本交通」に何が必要でお客様は何を望んでいるのか、より「現場」を知ったことにも大きく起因していると思います。

 

川鍋氏がどのようにして1900億円の負債を抱えた企業を立て直したのかをまとめた記事も併せて是非ご覧ください。

日本交通:川鍋一郎の経歴と経営哲学とは?どのようにして負債1900億円企業を立て直したの?  

 

川鍋一郎の母親は広瀬為宇で藤山コンツェルンとの関係

川鍋一郎氏の母親は広瀬為宇(読み方は、ひろせ・ゆう ?)さんです。

広瀬為宇さんのお母様が広瀬櫻子さんと言い、藤山コンツェルンの創始者、藤山雷太氏の二女になります。

 

こちらが藤山雷太氏の画像になります。

出典:北九州イノベーションギャラリー

藤山雷太氏は川鍋一郎氏の曽祖父ということですよね。

そして藤山コンツェルンですが、大日本精糖(現・大日本明治製糖)を中心とする財閥で、大日本精糖は砂糖の製造加工を中心として、第2次世界大戦で日本が敗戦するまでは(現在沖縄県に属する)北大東島と南大東島を所有し、植民地運営会社と同じく開発や行政も担っていた会社です。

このお砂糖、スーパーとかで見たことありますよね?

これが藤山コンツェルンと繋がりがあるのですね!!!

 

そして、それだけではありません。

藤山雷太氏は長崎師範学校を卒業されたと同時に助教授となり、3年間教鞭をとった後に上京し、慶応義塾で福沢諭吉氏に学びます。

藤山氏は福沢諭吉氏を介して福沢氏の姉の子、甥にあたる中上川彦次郎氏(山陽鉄道社長)と知り合い、黒田清隆、大隈重信、鳩山和夫、明治の宰相や衆議院議長などを務めた政界人と知り合うとともに、中上川(福沢諭吉の甥)の奥さんの妹「みねさん」と結婚しました。

結果、藤山氏と福沢諭吉は縁戚関係になるのです。

 

川鍋一郎氏の曽祖父がみね夫人と結婚したことにより福沢諭吉と親戚関係となり、一郎氏の父親・達郎氏も慶応大学出身なので、「慶応閥」ですね。笑

Sponsored Link

川鍋家の家系も凄かった!

川鍋一郎氏の母親の家系も凄かったですが、川鍋氏の父方の家系も凄いのです!

一郎氏の祖父・秋蔵氏は妻・ふさえさんとの間に、二男四女を設けました。

 

そして長男達郎氏が一郎氏の父親で藤山雷太氏の孫娘を嫁に迎え入れます。

 

秋蔵氏の次女明子さんは、東急電鉄出身で小田急電鉄の創始者であり、初代社長を務めた安藤楢六(あんどう・ならろく)氏の息子、信正氏に嫁いでいます。

三女の邦子さんは、東京ガスの元会長である安西邦夫氏に嫁いでいます。

この安西邦夫氏の父親は同会社の会長・安西浩氏。

安西浩氏の弟である安西正夫氏(元昭和電工会長)の息子である安西孝之氏は、元日清製粉名誉会長であった正田英三郎氏の娘・恵美子さんをお嫁さんに貰っています。

この恵美子さんの姉が、平成天皇の奥様、美智子皇后です。

要するに、一郎氏のおば様が皇室と縁戚関係のある安西家に嫁に入ったという訳です。

 

本当に川鍋一郎氏の家系は遠くなってしまったとはいえ、ものすごい方々と関係があることになりますよね。

( ゚Д゚)びっくりです。

 

川鍋一郎氏のお嫁さんの家系も凄かった!!!

川鍋氏は2009年にご結婚されていますが、その奥さんの祖父が元内閣総理大臣の中曾根康弘さんなのです。

出典:Wikipedia

奥様のお名前は川鍋文子(旧姓:中曾根文子)さんで、1980年生まれの現在38歳で、川鍋氏より10歳年下ということです。

出典:中曾根弘文ファミリーブログ

綺麗でかわいらしい方ですね。

そしてお二人して吉野家で牛丼を食べていらっしゃるところに親近感がわきますね。

 

お二人が出会われたのは2007年ということなので、交際期間2年でご結婚されたことになりますね。

そして2013年にお二人の間にさんが生まれたようです。

中曾根元首相がデレデレなのが伝わってきますね。笑

 

川鍋一郎氏の年収は?

川鍋一郎氏の年収は一体いくらぐらいなのでしょうか。

 

川鍋氏は2000年から日本交通で勤務されており、2015年からは会長職に就かれています。

そして日本交通は2018年5月現在、9982人の従業員を抱えており、業務提携会社を含む売上は958億1600万円となっているようです。

その他に川鍋一郎氏はJapan Taxiの社長もされています。

従って、推定ではありますが合わせて1億は貰っているのではないでしょうか。

 

ちなみに日本交通の月給は35万円程度のようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

川鍋氏の家系もものすごいですが、お嫁に来られた川鍋一郎氏のお母さまの家系も華麗でした。

そして奥さまの川鍋文子さんの家系も政界出身の家系で、川鍋氏のご家族、どこを辿っても凄い方、有名人ばかりですね。

そして川鍋一郎氏の学歴、経歴、功績もすごいものですし、家系もすごいです。

文句の言いどころがないような方で、まさにご家族は華麗なる一族ですよね。

なかなかこのような方はいないのではないでしょうか。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です