【フランス人旦那日記】Carte Bleu(銀行カード)がスキミングされて1500ユーロの被害を被った話


2011年9月頃。

まだフランスに住んでおり、旦那と結婚して間もない頃に起こった話です。

うっかり者の旦那ならではの話です。

Sponsored Link

フランスはカード社会

フランスはカード無しでは生活できないと言っていいほどのカード社会です。

日本だったら小銭で買うようなものも、Carte Bleu(カルト・ブルー:日本で言うデビットカード)で買い物をします。

だから現金が無くても別に焦りはしません。

でもカードを忘れて家を出ると結構焦ります。

3-4ユーロのランチを買うのもカード。

カフェで1.8ユーロのエスプレッソを飲むのもカード。

どこでもCarte Bleu。

カード支払なのです。

 

日本では考えられないかもしれないですが、そのカードのスキミングがヨーロッパではかなり頻繁にあり、被害にあう方が多数います。

従って銀行員も常に目を光らせており、少しでも怪しい引き落としがあった場合には口座主に電話等で連絡を取り確認するという行動を取っています。

 

例えば、ブログ主が当時パリに住んでいた時はルームメイトと一緒に住んでいました。

ある日、そのルームメイト宛に銀行から電話がありました。

銀行員:最近南アフリカに旅行してカードを使ったかと問い合わせがありました。

 

もちろん身に覚えがなかったので、

 

ルームメイト:南アフリカになんか行っていない。

銀行員:誰かが南アフリカであなたのカードで○○ユーロ引き落としています。何度か試しているようです。

ルームメイト:えっ?!?!

銀行員:Opposition(銀行カード停止)の手続きをしますね。

といった感じで、新しく銀行カードを作り直すのに1か月程掛かり、その間カードを使えず大変不便な生活を強いられていました。

 

そして旦那もそのようなスキミング被害に遭い、1,500ユーロ(日本円にしたら19万円位でしょうか)も誰だか知らない人に使われていました。

 

旦那、スキミング被害に遭う

毎度のことながら、旦那の特徴は、、、かなりマイペースで抜けぬけです。

抜けぬけなのでスキミングが多い国で生活をしているにも関わらず、自分の口座をチェックするという行動にはなかなか結びつきません。

そんななので、少しずつ自分のカードがスキミングされているという事実に気付くのに、なんと2か月近くもかかりました。

 

気付いたきっかけというのが、ある日銀行から電話があり、

“Vous avez touché le plafond(引き落とし額が上限になったため、これ以上使えません)”

と言われ、やっと本人、何かがオカシイことに気付いたのです・・・。

 

スキミングの可能性がかなり高かったので、すぐに銀行の担当者にカード利用の停止(Faire Opposition)をお願いしました。

 

 

後日、銀行から利用明細が送られて来てチェックしてみると、スーパーで100ユーロほどの買い物があったり、SNCF TGV(日本で言う新幹線のように早い電車)で往復チケット150ユーロ分使われていたり、どっかのカフェで20~30ユーロ使われていたり。

いきなり、がっ!っと使われていなかったからなかなか気付かなかったのかもしれません。

 

取りあえず、どれが不正に使われていたのかマーカーでハイライトすることに。

 

そして計1,500ユーロ近く使われていたことが判明したのです。

 

 私は内心、

その前に気づけよ!ぼけ!( ̄Θ ̄;) ムゥー

と、何度心の中でツッコミをいれたことでしょう・・・。

自分の場合だと、大体2-3日に1度はオンラインで自分の口座をチェックしていたのでそれと比べると本当に抜けすぎで・・・・。

Sponsored Link

警察に被害届を出す

ハイライトした銀行からの利用明細で不正に使われていた分を銀行にも教えるのと同時に、警察書に行って被害届を提出。

 

こんなこと日常茶飯事あるので警察も慣れっこです。

警察では旦那は2-30分程で事情を説明して紙を貰って戻ってきました。

 

被害届を銀行に持って行き、あとは保険で降りるらしいとのこと。

 

 

いくら位おりるのか本人も分からない。

 

 

銀行もこういったことには慣れっこなのでしょうね。

被害届を銀行に提出してから数週間で被害にあった分全額戻ってきてました。

被害にあった1,500ユーロ、保険でカバーされてました。

新婚早々本当ひやひやしました。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

それにしてもこいつ(旦那)、大丈夫かーーー!?っと。ツッコミまくりでした。

 

まとめ

フランス、ヨーロッパ全般的に、本当スキミング多いです。

カフェでスキミングされたのか、レストランなのか、どこかで服だったり物を買った店なのか・・・。

 

ヨーロッパへ旅行される際には絶対に気を付けてください。

絶対自分のカードを目から離さないようにしないといけないです。

このような巧妙な手口から被害に遭わないようにするには絶対に自分の前でカードを切らせる、定期的に自分の口座のチェックが必要不可欠です。

 

さて最後に、旦那と言えば・・・・・この件で、より気を付けて自分の口座を管理し、定期的にオンラインで引き落としを確認してくれるだろうと思ったのですが、、、以前と全く変わらずです。

 

とほほ・・・(;´д`)トホホ…

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました♫

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です