【フランス人旦那日記】うっかり者の旦那が仕事後電車で実家へ帰る間に置き引きに遭う話


私の旦那は天然です。
マイペースで、結構周りが見えていない、おっちょこちょいです。
もちろんいい所もたくさんあるのですが、ヌケているところに関してはあっけに取られます。

ある暑い夏の日

当時旦那はパリで仕事をしていました。
そして私は妊娠・出産のため、日本への里帰りはせず旦那の両親が暮らすノルマンディー地方のとある町にて旦那の両親と一緒に暮らしていました。
やはり身重になると、義母でもやはり出産経験がある女性がいた方が心強いです。
出産のためどういった準備が必要かや心構え等も教えてくださったので本当助かりました。
そして義理の両親との関係もとても良く、ある意味実家にいるより快適でした。

旦那はというと、パリで仕事をし、週末には仕事後にTER(フランス国鉄の快速列車)で地元の駅まで戻ってくるという生活でした。
里帰り出産とは違いますが、そんな感じでした。

そんなある週末前の夜。
その日はかなり気温も上がり一日中とても暑かったです。
日中家の中の温度を上げないために、窓は全開のままVolet(鎧戸)は閉め、風を通しつつも日差しを遮断。
旦那の実家にはテラスがあります。
そこにはすごい座り心地が良く気持ちいテラスセット(テラスソファとテーブル)があり通常そこでくつろいでいる義父もその日は暑すぎて家の中に居た位です。

そして夜

TER(フランス国鉄快速列車)に乗って旦那は実家があるノルマンディーの町に帰ってくるとのことで、夕飯の用意もして彼の両親と待っていたのですが、予想以上に帰りが遅い!

どうしたんだろうねー。とお互い話してた時に1本の電話・・・。

義父が電話をとったのですが、駅に着いたという電話にしてはいように長い。
そして義父、少しテンション高めでイライラしている模様。
どうした、どうした???

 

騒ぎの概要が明らかに

電話が終わり、どうしたのか聞いてみると、なんと、、、旦那は帰りの電車で居眠りをしてしまい、その間に置き引き被害に遭ってしまったと・・・。

( ̄□ ̄;)ガビ-ン 

でもどうせバッグの中には洋服とか洗面用具とかあまり大した物入ってなかったんでしょ?
と、私と義母で高を括っていたのです。

でも、どうやら違うらしい。

その後義父が駅まで迎えに行き、10分後くらいに二人で戻ってきました。

旦那の顔がかなり青ざめ、憔悴しきっていました。

 

置き引き被害に遭った物 

詳細を聞いたら、バッグの中には数ヶ月前に買ったパソコン、仕事の制服(当時、Burberryに勤めていたのでBurberryのスーツ1式にシャツとネクタイ等)、パスポート、フランスの身分証明書、任天堂DS等が入っていたと・・・。

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン ガ━━━━━━

 

置引きに遭った旦那曰く:

その日は本当に暑くて、仕事も忙しく疲れていたので帰りの電車の中で寝てしまった・・・。

でも寝る前にかなり怪しい人が後ろに座っていたから気を付けないとと思っていた。

通常乗る電車は席の下が空洞ではなくちゃんと閉ざされているけど、その日乗った列車は空洞で、上の棚に荷物を置かず下の空洞になっている場所に荷物を置いて寝てしまった。

だから寝ている間、電車を降りる際に後ろの人が、すーっと荷物をひっぱり盗って行ってしまったと・・・。

 

・・・・・。
ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

さすがフランス人。
言い訳多いわーっ!
そしてその言い訳に対し突っ込み所が多すぎ!

そもそもフランスは置引き多いから電車で寝ないのは鉄則でしょう!

もし寝そうだったら、後ろに怪しい人が座っているって気付いているんだから、バッグの肩掛けを持って寝るなり、足を引っ掛けておけば取られそうになった時点で気付くでしょう!

しかも週末(実質1泊2日)しか実家に滞在しないのに、何故パソコンとパスポートまで持参する?!

と、突っ込みどころ満載。

働いてくれるのはありがたいし、かなり凹んでいたので問い詰めはしませんでしたが、抜けぬけです。
そしてさすがフランス人。言い訳豊富。
このような痛い経験をして、言い訳をせず自分の非を認め、より気をつけることを学んでくれるといいのですが・・・。

失くしたものの中で正直一番痛かったのはパソコンでした。

写真やらがデータが色々入っていたのでこれ失くしたのが一番応えたようです。

翌日

旦那とりあえず警察に行き被害届を提出。

警察では何を取られたのかなど、色々聞かれて答えたようですが、警察曰くおそらく戻ってくることはないだろうと・・・。

ですよね・・・・・。

無くしたものに関してはもちろん保険はあまりおりず、時間が心の傷を癒してくれるのを待つしかなかったようです。 

フランスに行かれる方、フランスは電車の中の置引きも大変多いので注意してください。
これはフランスだけに限らずヨーロッパ全般でそうです。
あちらは日本のように切符を通さないと入れない改札口はありませんので乗り降りが結構自由です。
電車が一時停車している時にふっと電車に乗り込み、ラック等に置いてあるバッグを盗んですぐ降りていなくなる。という置引きの手口もあるので、電車旅をする方は出来るだけ自分の目が届く所に置いておきましょう!

旦那の後日談

旦那も置引き事件後ものすごい凹んでいましたが、徐々に吹っ切れてきました。

でも、、、でも、、、、、でもね。。。。。

 

この1か月後にはCarte Bleu(デビットカード)がスキミングされる被害に遭います。

 

 

はぁ……。心配は尽きぬ。

 

 

最後までお読み頂き感謝します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です