小室佳代(小室圭の母)のプロフィールや経歴は?恋愛遍歴と見栄っ張りな性格が凄い!?


秋篠宮眞子様と小室圭さんの婚約がどうなるのかと今後の動向が気になりますが、小室親子の金銭問題も結構気になるトピックだと思います。

そんな金銭問題の渦中にいるのが、小室圭さんの母親の小室佳代さんです。

小室佳代さんとはどういう人物でどういった経歴をお持ちの方なのでしょうか。

また、金銭トラブルの原因と小室佳代さんの見栄っ張りな性格について調べてみました。

Sponsored Link

小室親子のプロフィール

小室佳代のプロフィール

出典:ネタBOX

名前:小室佳代(こむろ・かよ)

旧姓:角田佳代

生年月日:1966年(昭和41年)生まれ

年齢:51歳(2019年2月時点)

出身地:神奈川県藤沢市

学歴:相模女子大学付属高校

小室佳代さんは前述の通り、秋篠宮家長女・眞子様の婚約者の小室圭さんの母親です。

小室佳代さんは神奈川県藤沢市出身で、相模女子大学付属高校を卒業されています。

好奇心で偏差値を調べてみたところ、5563でした。

普通科進学コースが55で、普通科特別進学コースが63です。

なので難易度は中の上といったところでしょうか。

 

小室佳代さんが高校卒業後に大学へと進学したのかそれとも就職したのか詳細は分かりませんでしたが、横山市役所に勤めていた小室敏勝(こむろ・としかつ)さんと知り合い結婚後、1991年10月5日に小室圭さんを出産します。

しかし、小室圭さんが10歳の時に父・敏勝さんが36歳の若さで自殺し、他界してしまいます。

そしてその1週間後にショックのせいか、敏勝さんの父も自死されてしまったそうです。

 

その後は小室佳代さん、圭さんと祖父の3人で暮らし始めたそうです。

 

そして現在は神奈川県横浜市内の4階建ての2DKのマンションに住居を構えています。

眞子様と小室圭さんの婚約内定が報道されるとマンション前にポリスボックスが設置され警備員が配置され警備をされていました。

現在は小室圭さんの留学と共に警備員の姿はなくなりましたが、ポリスボックスはそのまま配置されているそうです。

ちなみに分譲価格4000万円程のようです。

 

 

小室佳代さんですが、いきなりシングルマザーとなり、しかも義父もその1週間後に亡くすというのはかなり精神的にもダメージが大きいと思います。

またそこからの小室佳代さんの苦労も想像に難しくありません。

 

ですがそんな苦境にも負けず、小室佳代さんは小室圭さんのことをシングルマザーで育てあげました。

小室圭さんのプロフィールや経歴は華やかしいもので、下記の通りです。

 

小室圭のプロフィールと経歴

出典:webronza.asahi.com

名前:小室圭(こむろ・けい)

愛称:KK、海の王子

生年月日:1991年10月5日(2019年2月時点:27歳)

出身地:神奈川県横浜市港北区

学歴:国立音楽大学付属小学校卒

           カナディアン・インターナショナル・スクール卒(中学・高校)

           国際基督教大学(ICU)教養学部(2014年6月)卒

           一橋大学大学院国際企業戦略研究科(2018年3月)卒

           米国・フォーダム大学大学院(在学中)2018年8月入学

職歴:東京三菱UFJ銀行(2年弱で退職)

           奥野総合法律事務所・外国法共同事業所属(パラリーガル)

シングルマザーで小学校は私立、中・高はインターナショナルスクール、大学はICUとなるとかなり大変だったと思います。

にも関わらず、優秀な学校に通わせ、大学卒業後も大学院、そして現在は米国のトップクラスのロースクール(法律大学院)へと進学しているので親としては圭さんのことをとても誇らしく思っているのではないでしょうか。

 

小室圭さんのプロフィールや経歴、かかった学費に関する記事は是非こちらをご覧ください!

小室圭の学歴とかかった学費はいくら?!小室家はシングルマザーでどうやって学費を賄っていたの?

 

小室佳代の経歴

小室佳代さんの高校卒業後の職歴の詳細は分かりませんでしたが、最近までは東京都目黒区にあるケーキ屋さんで正社員として働かれていました。

週刊誌等ではパートとして勤務と言われていましたが、実は正社員だったようです。

 

その働いていたケーキ屋さんは『マッターホーン』というケーキ屋さんです。

出典:キナリノ

場所は前述の通り、東京都目黒区にあり、東急電鉄・東横線の学芸大学駅からほど近い所にあります。

『マッターホーン』はバームクーヘンが美味しいと有名な人気洋菓子店で、ずっしりとした中にふんわりとしっとりの感覚が広がり、ラム酒の香りがほのかに香るエレガントなお菓子でお客さんを虜にしているそうです。

その他にも焼き菓子や生菓子も多数あり、こちらもとても美味しいと評判です。

 

正社員としてケーキ屋さんで働き、小室圭さんの学費や家族の生活費を稼ぐために真面目に勤務されていたそうです。

ですが現在行方が分からないとされているので、既にこのケーキ屋さんも退職されている可能性が高いですね。

 

小室佳代さんですが、ケーキ屋さんで正社員として頑張って働かれたとしても小室圭さんの学費はかなり高額だったので限度があり、どのように学費を捻出されたのかは疑問です。

 

ちなみに下世話な話かもしれませんが単純計算で小学校から大学までの学費は2,475万円以上だったと思います。

父・敏勝さんは圭さんが10歳の頃に他界されているので、小学校の時の学費は大丈夫だったにしろ中学から大学卒業までの学費はどうやって捻出されていたのでしょうか。

謎です。

Sponsored Link

小室佳代の金銭トラブルの原因や金額は?

そもそもこの金銭トラブルの原因は小室佳代さんが元婚約者の方と婚約されていた際に小室圭さんの学費等のために400万円という大金をこの元婚約者者の方から「借りて/貰って」いたことから発生します。

 

小室佳代の恋愛遍歴

小室佳代さんは旦那さん他界後、そう間もない頃、アクセサリーなどに装飾を施す彫刻師の男性との交際を始めました。

この交際は2007年まで続き、その男性の生活が苦しくなると小室佳代さんと圭さんが住んでいた自宅マンションに住まわせるなど金銭面でも面倒を見ていたとされています。

この交際相手があるとき前立腺関係の病気を患って入院し手術を受ける際の同意書も佳代さんがサインしたり身の回りのことは面倒を見ていたようですね。

 

しかし、仕事をしない収入ゼロのこの男性に対し、息子である圭さんは快く思っておらず、

「いいかげんにして欲しい!」

と対立してしまい、結果的に2007年に佳代さんとこの男性は別れたそうです。

ですが破局した後も交友関係は数年間続いており、この男性に仕事相手を紹介したりもしていたようですよ。

 

その後、金銭トラブルとなる元外資系商社マンの元婚約者の方との交際が始まります。

この元婚約者は小室親子と同じマンションに住んでいた関係から知り合ったようです。

出典:馬之助の人間万事塞翁が馬よ!

現在は元婚約者の方は引っ越されたようですが、現在も小室親子の住居がある1994年築の50平方メートルの広さの2DKに約24年間住まわれていたようです。

出典:知りたがり情報site

そして小室佳代さんとは2007年頃知り合われ、お二人は2010年9月婚約をされます。

その際に小室佳代さんはこの元婚約者の男性に「小室圭さんの父親代わりになってください。」と言ったそうです。

 

金銭トラブルの総額と発端

婚約後間もなく小室佳代さんに対する金銭的援助が始まります。

 

ちなみに金銭トラブルの金額は総額40,930,000円です。

2010年11月1日~2012年1月12日の約2年間での当事者のお金の動きは下記の通りのようです。

4,0930,000円の内訳

2010年11月01日 453,000円
2011年04月14日 400,000円
2011年07月25日 100,000円
2011年08月04日 100,000円
2011年09月01日 100,000円
2011年09月05日 150,000円
2011年09月16日 190,000円
2011年10月04日 100,000円
2011年10月13日 80,000円
2011年10月20日 100,000円
2011年10月28日 170,000円
2011年11月25日 50,000円
2011年12月27日 100,000円
2012年01月12日 2,000,000円

出典:FNN

そして小室佳代さんが元婚約者男性から借りたお金の使い道は下記の通りです。

・生活費の支援

・小室圭さんの大学の費用

・小室圭さんの留学費(200万円)

・小室圭さんのアナウンススクールの費用

小室佳代さんがお金の振込みを要求するメールを複数回元婚約者宛に送付してと報道されています。

2011年の東日本大震災の影響で小室佳代さんの仕事は時短となり、収入も減少したため、男性も不憫に思い金銭的援助をしていたそうですが、やはり額も額ですので徐々に男性の気持ちも離れたのか、2012年9月婚約が解消されます。

 

金銭トラブルの原因

小室佳代さんの金銭トラブルの原因は借りた側(小室佳代)と貸した側(元婚約者)の間の認識に齟齬があります。

 

小室佳代さんの認識

「貰ったお金」として認識しているため、返金する必要はないと主張。

元婚約者の認識

「貸したお金」として認識しているため、返金を主張。

小室圭さんも社会人になり、少しずつ返済してもらう認識でいた。

そして婚約解消時には小室家からは

「月々1万円くらいずつしかお返しできませんが」

と申し出があったようですが、元婚約者の男性は、

「それでは少なすぎるので再考してください。」

「交際期間中の食事代やプレゼント代まで返して欲しいわけではない。生活費や学費などは貸したつもりでいた。返済して欲しい気持ちは変わらない」

と断ったようです。

 

確かに月々1万円ずつの返済だったら、33年以上かかります。

元婚約者の方も定年退職をされている訳ですから、33年は長すぎですよね。

 

ですが小室圭さんの認識も母親の佳代さんの認識と一致しており、2019年1月には下記のような声明文を公表しています。

いつも温かいご厚情を賜り、御礼を申し上げます。

私小室圭の母とその元婚約者の方との過去の関係について、一昨年からご心配をおかけしており、たいへん申し訳ありません。

これまでに多くの報道があったことについては承知しておりますし、私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々にご迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています。

元婚約者の方との関係について母に代わってご説明したいと考え、このような方法をとらせていただきました。

私の母と元婚約者の方は、平成22年9月に婚約し、結婚生活を始める準備をしていました。

母の再婚については私も嬉しく思いましたし、私自身も元婚約者の方とはとても親しくさせていただきました。

婚約期間中、元婚約者の方から金銭的な支援を受けたこともあります。

当時、母も私も元婚約者の方とは既に家族のようにお付き合いしており、ご厚意にたいへん感謝しておりました。

平成24年9月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。

母は、突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。

その際に母が婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。

支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです。

実際に婚約解消後しばらくの間は、私や母が元婚約者の方から金銭の返還を求められることはありませんでした。

ところが、婚約を解消して1年ほど経った平成25年8月ころ、母は元婚約者の方から交際していた期間に負担した費用の返済を求めるお手紙を受け取りました。

婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました。

母の話を聞いた元婚約者の方からは、私も専門家に相談して何かあればこちらから連絡しますという反応がありましたが、連絡が入ることはありませんでした。

その後はご近所にお住まいだった元婚約者の方と自宅周辺で偶然お会いすることもありましたが、金銭の話題が出たことはありませんでした。

私の母と元婚約者の方との過去の関係は以上のとおりです。

多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。

そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました。

元婚約者の方のご意向を測りかねたからです。

報道されている問題に関する母と私の認識は以上のとおりですが、私も母も元婚約者の方からご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております。

私は、現在、米国において勉学に勤しむ機会をいただいております。

多くの方々に日々感謝いたしております。

ご心配をいただいている方々のご納得をいただけるよう努力を重ねる覚悟でおりますので、どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます。
 

平成31年1月22日          小室 圭

照らし合わせて見ると、双方の主張はやはり対立しています。

 

小室佳代さんと元婚約者の方の間には借用書や誓約書等が存在しないため、この金銭のやりとりの真相に関して第3者には分かりかねますが、小室親子は色々と元婚約者の方にお世話になったことが簡単に推測できますので、それなりの誠意は見せるべきだと個人的には思います。

全額返済は難しいとしてもやはり多少なりとも返金する姿勢を見せないと、小室佳代さんと元婚約者の方の間の金銭トラブルが大々的に報道されてしまった以上、小室圭さんと眞子様の婚約は国民は納得しないと思います。

 

小室佳代は見栄っ張り?

小室親子は「収入に見合わない生活水準」と言われており、見栄っ張りな性格という噂があります。

これまでのメディア報道から人物像に関する情報をまとめてみました。

・セレブへの強い憧れがある。

・高級レストランや海外リゾートの話題がある。

・皇室軽視の傾向があり、皇室からのアドバイスを無視。

・収入に見合わない生活基準(学歴や学費が高額)

・小室圭さんが幼稚園の頃、小室佳代さんはアウディで送迎していた。

・自慢話ばかり

・親しい友人はいない

やはり庶民的な感覚とは少し違うのかなという印象を受けましたし、シングルマザーで高額な学費をどのように賄ってきたのかというのがやはり疑問です。

かなりの見栄っ張りでないとそこまで高額な学費を惜しみなく出さなかったのではないかなと思いました。

 

まとめ

いかがでしたか。

小室圭さんの母親・小室佳代さんについてまとめてみました。

今後小室佳代さんと元婚約者の方の金銭トラブルもどうなるのか気になりますし、眞子様と小室圭さんの婚約もどうなるのか目が離せないですね。

ただ、ここまで大々的に金銭トラブルが報じられたら婚約はかなり難しくなったのではないかなと思います。

 

金銭トラブルの真意はどうにしろ、今までの対応が不十分だった点は否めませんし、やはり小室親子は誠心誠意でこの件に対応していかないと国民は絶対納得しないのではないでしょうか。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です