2018年夏は災害レベルに暑い!暑さのピークは2回ある?!熱中症による救急搬送数も過去最多!


今年の暑さは半端ないですね。

日本列島は7月23日(月)も猛烈な暑さに見舞われ、埼玉県熊谷市で午後2時23分には観測史上最高の41.1℃を記録し話題になりました。

そして東京都青梅でも40.3℃を記録し、都内では観測史上初の40度越えとなりました。

同日、気象庁は猛暑について異例の記者会見を開き、

「経験したことがないほどの暑さになっている地域がある。命に危険を及ぼすレベルで、災害と認識している」とコメントを発表。

 

この暑さ、災害レベルと認定されました。

 

Sponsored Link

 

観測上の気温と体感する気温の差

それでは真夏でよく話題になる最高気温、この気温の観測は気象庁が観測しているアメダスの温度計の値です。

気温の観測は、風通しや日当たりの良い場所で、電気式温度計を用いて、芝生の上1.5mの位置で観測されています。

また、電気式温度計は日光に当たらないように通風筒(下記画像)の中に格納されています。

 

電気式温度計通風筒(画像出典:気象庁)

外部からの影響を受けないように通風筒上部には電動ファンがあり、筒の下から常に外気を取り入れて計測されています。

また、地表面からの影響を受けないように芝生の上に設置されているのと同時に、道路との間には木を植えるなどしてコンクリートから反射される熱の影響を遮るよう工夫されています。

従って、私たちがテレビやネット等で見る最高気温と実際に感じる気温に差が生じ、実際に私たちが感じている気温の方が高くなります。

真夏の強い日差しの照り付けでアスファルトは簡単に50℃以上に上昇します。

 

ただでさえアメダスで観測されている気温は高いこの時期、特に都会だとアスファルトの照り返しでより高温に感じます。

そして身長が小さい子供やペットは地面により近くなるわけですから大人より子供やペットが体感する温度はずっと高温になるので注意が必要となります。

子供の場合は5℃以上の差があると考えた方がいいようです。

 

2018年夏、異常な暑さの要因は「ダブル高気圧」

 

連日の暑さの要因は、気圧配置にあるようです。

 

太平洋高気圧

今年は太平洋高気圧の強まるタイミングが平年より少し早かったため、各地で夏の到来が早かったようです。

まだ梅雨明けしていない東北北部も平年(7月28日)より早く梅雨明けする見込みのようです。

 

今年の夏、7月下旬と8月下旬~9月上旬にフィリピン近海で積乱雲が発生しやすい影響から、その北に位置する日本付近では下降気流が発生し、太平洋高気圧の勢力を強めるようです。

そして太平洋高気圧は平年と比べると北への張り出しが強いようで、この張り出しが9月になっても続くため、日本は広範囲で残暑が厳しくなる見通しです。 

 

チベット高気圧

チベット高気圧とはその名の通りチベット付近を中心に広範囲に広がる上空の高気圧で、しばしば東に位置する日本まで張り出すことがあるようです。

そして今夏はこのチベット高気圧も勢力を強めて日本付近を覆い上空で高気圧が重なり「ダブル高気圧」となっているようです。

 

下記画像からも分かるように、太平洋高気圧とチベット高気圧は高度が違うため、重なると非常に背の高い一つの高気圧のようになり、ますます勢力が強まり猛暑となっているようです。

(画像出典:weathernews)

 

猛暑のピーク

 

2018年7月18日にウェザーニュースにより発表された「猛暑見解2018」によると、猛暑のピークは2回あるそうです。

1回目は7月下旬。

2回目は8月下旬から9月上旬。

 

まさに上記した太平洋高気圧とチベット高気圧が重なる時がこの2つの時期のようです。

 

8月上旬~中旬は太平洋高気圧の勢力が弱まり暑さも少し収まるようですが、2度目の猛暑もあるようですね。

そして9月中旬以降、少しずつ秋らしくなっていくようです。

 

熱中症

 

7月24日、総務省消防庁は熱中症による全国の死者数が7月16日~22日の1週間で65人だったと発表しました。

2008年の集計開始以来1週間あたりの熱中症による死者数は過去最多となったようです。

そして熱中症による救急搬送数も22,647人と過去最多を記録したようです。

(画像出典:総務省消防庁)

 

 

まとめ

 

気温だけではなく、それと同時に熱中症による死者数と救急搬送数も新しい記録となっています。

これからも非常に暑い夏が続くようですので外だけでなく中でも熱中症対策が必要ですね。

そしてお子さんやペットのいらっしゃる方も十分注意して過ごしましょう。

 

 

最後までお読みいただき感謝します♬

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です