24時間テレビで伊藤樹君と出川哲郎スカイダイビングに挑戦!車椅子の伊藤樹君ってどういう子?


タレントの出川哲郎さんが『24時間テレビ41』の史上初・応援団長に就任し、今回企画の1つで車椅子少年の伊藤樹君(12歳)と一緒にはじめてのおつかい in カナダに挑戦します。

出川さんと一緒にカナダではじめてのおつかいに挑戦する伊藤樹君とはどういう子なのでしょうか?調べてみました。

Sponsored Link

 

伊藤樹くんとはどんな少年?

 

伊藤樹(いとういつき)君は現在12歳で、東大阪市在住の中学1年生です。

 

幼稚園の時(5歳)からアイスホッケーを始めるなど、スポーツや身体を動かすことが大好きな子供だったようです。

アイスホッケーは特別で「風を感じるのが楽しい」と夢中になり、大阪のジュニアアイスホッケークラブに入っていたようです。

低学年チームの副キャプテンも務めるなど、積極的にスポーツに取り組んでいたようです。

 

ですが小学校3年生(8歳)の時、アイスホッケーの練習へ向かう途中交通事故に遭い、脊髄を損傷し下半身の自由を失ってしまいました。

 

伊藤君、パラアイスホッケーとの出会い

 

一時はとても落ち込み、5歳からやっていたアイスホッケーも諦めました。

「リンクに行くのはもう無理」と。

ですが伊藤君の持ち前のチャレンジ精神で色々な「障害者スポーツ」に挑戦し、生きる希望を少しずつ見出していったようです。

そしてその中でも「パラアイスホッケー」の存在を知ることになりました。

 

パラアイスホッケーは、下肢(脚)に障害のある選手が対象の競技です。

基本的なルールはアイスホッケーとほぼ同じですが、パラアイスホッケーは2枚のスケートの刃を装着したスレッジ(Sledge)と呼ばれる「そり」に乗り、左右1本ずつのスティックでパック(Puckと書き球技におけるボールに相当するもの)を操ります。

 

実はこのスレッジを届けてくれたのが、日本代表メンバーが所属する長野のパラアイスホッケーチームの「長野サンダーバーズ」だったのです。

まさに今回の「24時間テレビ」のテーマである「人生を変えてくれた人」ですよね。

パラアイスホッケーの競技人口は少なく、関西にはチームが無いため、サンダーバーズのメンバーは大阪までやってきて、伊藤君の練習相手になってくれたようです。

そして現在、伊藤君はサンダーバーズの一員として練習に励んでいるようです。

大阪から長野まで行く必要があるため練習に参加できる機会は限られているようですが、将来の夢はパラリンピックに出場することで練習に励んでいるようです。

 

まさに今回の「24時間テレビ」のテーマである「人生を変えてくれた人」との出会いがあり、伊藤君のことをどん底から引きあげてくれ、新しい夢をてらしてくれた素敵な出会いだったんですね。

Sponsored Link

 

伊藤君がもう1つ叶えたい夢

 

そんな伊藤君、出川さんと一緒にはじめてのおつかい in カナダをするのですが、この他にもう1つ叶えたい夢があるのです。

それは無重力を体験すること。

そのために出川さんと一緒にスカイダイビングに挑戦します。

 

なんで無重力?って思いますよね。

先日テレビにて伊藤君、「脚がとっても重く感じる」って言っていました。

脚が下にひっぱられているかのようにとても重く感じるようです。

だからスカイダイビングを通じて無重力を感じ、「脚の軽さを感じたい」と。

なんか心にきゅっ!っと来るものがありますよね。

 

まとめ

 

伊藤君、まだ中学1年生なのに芯がしっかりしていている印象を受けました。

交通事故で障害を背負ってしまいましたが、負けずに新たに道を切り開いていくことはなかなか強くないと出来ないと思います。

 

出川さんとのカナダでのはじめてのおつかいとスカイダイビング、両方とも大成功を祈っています。

 

「24時間テレビ41」関連の記事はこちらになります!

ヒロミ、築50年の「子供食堂」を24時間テレビ中にリフォーム!場所やメニュー、外観は? 芸人チェリー吉武さんが24時間テレビで白鳥さんに生プロポーズ!チェリー吉武さんはどういう人で二人の馴れ初めは?

 

最後までお読み頂きありがとうございます♬

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です