【カナダパスポート申請】Simplified Passport Renewal 条件や申請方法を丁寧に解説します!


カナダパスポートの申請は大まかに3通りあります。

1つ目はGeneral Passport Application

2つ目はSimplified Passport Renewal Application

3つ目はChild Passport Application

今回は2つ目のSimplified Passport Renewal Applicationについて解説します。

Sponsored Link

Simplified Passport Renewal Applicationの申請条件

Simplified Passport Renewalを使ってのカナダパスポート申請は下記条件を全て満たしている必要があります。

  • 前のパスポートを申請した年齢が16歳以上であること
  • 今回申請書に書く名前と前のパスポートの名前が一致すること
  • 直近のパスポートが:
    • 2006年4月30日以降にカナダもしくは海外で発行されており、
    • 有効期限内もしくは失効してから1年未満であり、
    • 5年パスポートであり、
    • 損傷されておらず、
    • 紛失もされておらず、紛失届けも提出されていない。

上記全ての条件が満たされていれば、Simplified Passport Renewalでの申請が出来ます。

 

Simplified Passport Renewalの申請必要書類

  1. 申請書
    カナダ・アメリカ以外の国から申請する際は、PPTC482《英語版》PPTC483《仏語版》を使用します。
    カナダ・アメリカから申請する際は、PPTC054《英語版》PPTC055《仏語版》を使用します。
  2. 現在お持ちのパスポート(有効期限内のものか失効して1年未満のもの)
  3. 写真2枚
    (縦7cm×横5cmで背景は白から明るいグレーで撮ります。写真の裏には写真を撮った日付と写真屋さんの住所を英語もしくは仏語で記載。プロの写真屋で撮ることを推奨されていますが、写真のサイズと背景等の条件が満たされていれば証明写真機でもOKです。写真の詳細な条件についてはこちらから確認してください。)
  4. パスポート費用
    5年パスポートもしくは10年パスポートを申請できます。
    カナダアメリカカナダ・アメリカ以外の国で申請する際には料金が違います。
    支払い方法も国によって異なるので事前に調べましょう。
    ちなみに日本から申請する場合の支払い方法はこちらから確認しましょう。
  5. 返信用封筒 - 日本でにの申請はレターパックプラス(赤い510円の封筒)
    郵便局やコンビニでお買い求めできます。
    5のレターパックについてはパスポート返信用封筒です。パスポートが出来たら窓口へ取りに行かれるのであれば不必要です。通常新しいパスポートが出来てきたら前のパスポートと一緒に家まで送付されます。
Sponsored Link

Simplified Passport Renewalの申請方法と受領方法

申請方法は二通りです。

1つ目は窓口での申請です。

日本で申請される場合は東京にあるカナダ大使館の領事部窓口での申請になります。
月曜日から金曜日(祝日を除く)、午前9時半~正午までが申請時間となるので時間には余裕を持って行きましょう。
尚、大使館の休館日はこちらから確認できます。

パスポートの受領は、上記の時間帯の他に午後2時~5時の間でも出来ます。

カナダで申請される場合は最寄のPassport Canada Officeからになります。こちらから最寄のPassport Officeを探しましょう。

海外で申請される際はお住まいの国のカナダ大使館領事部のウェブサイトをチェックしましょう。

2つ目は郵送での申請です。

郵送で申請される際はレターパックプラスを購入し、下記住所宛に送付します:

                  〒107-8503
                  東京都港区赤坂7-3-38
                  カナダ大使館 領事部宛

※領事部を書かないと他の部署へ郵便物が行ってしまう可能性があるので忘れないように明記しましょう。また、パスポートを送る訳ですから追跡番号の付いているレターパックプラスでの送付を推奨します。

 

カナダパスポートの申請から受領まで

カナダで申請される場合:
 Passport Officeの窓口で申請された場合は10営業日
 Service Canadaで申請された場合は20営業日
 郵送で申請された場合は20営業日(郵送日数は含まない)

カナダ・アメリカ以外で申請された場合(日本も含む)、全ての必要書類がパスポート申請関係部署にて受領されてから20営業日程かかります。なので時間に余裕を持ってパスポート更新をしましょう!

カナダで申請する場合のみUrgent ServiceとExpress Serviceというサービスがあります。

  • Urgent Serviceをご利用される場合は翌営業日終了時間(By the end of the next business day)までにはパスポートが発行されます。その際追加料金がカナダドル$110かかります。
  • Express Serviceをご利用される場合は2~9営業日で新しいパスポートが発行されます。追加料金がカナダドドル$50かかります。

上記サービスを使用される際は、Passport Canada Office窓口での申請のみとなります。また、通常のパスポート申請書類の他にProof of Travel (フライトスケジュール等の旅程のコピー)の提出も必要となります。

余裕を持って申請されるのが一番ですが、もし日本で臨時パスポート/Temporary Passportの申請が必要な場合は「【カナダパスポート申請】臨時であるTemporary Passportの申請方法を丁寧に解説します」をお読みください。

 

最後までお読み頂き感謝します。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です