【フランス人旦那日記】うっかり者の旦那がパジャマで出かける話


私の旦那は天然です。
フランス語で言うと、「Il a la tête en l’air」と言いますが、まさにそれです。
つまり、粗忽者。そそっかしい人。極度に忘れっぽいのです。

Sponsored Link

職場の元祖パジャマさん

前職は外資系で営業をしていたのですが、客先へ外出が無い時はジーンズで出社もOKな会社でした。

当然会社の方々も営業で客先への外出が無いときはジーンズやらラフな格好で通勤する毎日です。
そこはやはり外資系企業です。

職場の一番偉いカントリーマネージャーも同様でジーンズにデニムシャツ。
そしてウェスタンブーツ。
ぶっちゃけパッと見、ちゃらそうなお兄さんでした。

 

そんな中、営業の一人の方が昔UNIQLOで売っていた下がチェックで上が無地のパジャマを彷彿させるような私服で出勤される方がいました。
私も違和感を感じ、心の中では通称「パジャマさん」と呼んでいました。
外出時はピシッと決めていらっしゃったのですが、私服時はどうしてもUNIQLOの一昔前のパジャマにしか見えず・・・。

同じようなことを思っていた同僚達の間でも徐々に「パジャマさん」という名称が浸透してきました。

 

と、そんな中・・・・・。

Sponsored Link

元祖パジャマさんからリアルパジャマさん登場

旦那はパジャマが好きで外出しなくて良い時はほぼほぼパジャマで過ごします。
確かに家にいるとパジャマって楽ですよね。
ラフで動きやすいし。
でもパジャマでいるとどんどんダラけますが・・・(;^ω^)

 

そんな旦那ですが、近くのコンビニに行く時はパジャマの上からカーディガンにジーンズを穿いて外出なんて当たり前。
(秋・冬場の場合)
本人曰く、冬は寒いからパジャマを下に着ることで防寒対策をしているようです。
ちなみにパジャマの生地はもこもこのニットキルト(?)です。
(モモヒキの方がいいと思うのですが・・・。)

ちなみに旦那、夏場はUNIQLOのステテコを家で愛用しています。
近場で外に出るときはステテコの上から短パンを履いてコンビニに買い物に行ったり。
様子を見ているとステテコが短パンからはみ出ないようにステテコを折ったり苦戦している模様。( ;∀;)
そんなに苦戦するなら普通にステテコを脱ぎ、パンツをはき短パンに着替えればいいのに!!!と内心思っています。

 

さて、そんなある日、外出する用事があり駅へ向かっていた時の話です。

いつも通りパジャマの上にセーターを着、下はパジャマの上からジーンズを履いて外出。

駅へ向かって歩き始め5分程した後、下がとてもスース―すると感じ、
下を見たら、なんと下はジーンズを履いておらずパジャマのままで駅まで歩いてきてしまっていたとのこと。

パジャマの色が紺色でジーンズの色に酷似していたため、靴を履いているときも特に違和感なく、そのまま出てきたようです。

駅に着く手前で、肌寒さを覚えやっとパジャマしかはいていないことに気付き、家まで引き返し、その上からジーンズをはいて再度外出した旦那です。

 

その話を旦那から聞いて、私は「またやらかしたか・・・」と思いました。

そして内心、

そもそもパジャマから着替えようよ!

靴を履く時点でジーンズじゃないことに気付くよね?!


外に出てすぐじゃなく、歩いて5分後でしか気付かないってある意味すごくない?!

・・・と、心の中でツッコミまくりです。

そしてそれを当時の同僚にその話をしたら「リアルパジャマ君登場だね!」と大爆笑でした。

 

確かに、本物のリアルパジャマ君、すぐ隣にいました。

 

今はというと・・・


何一つ変わっておりません。

未だに本人はリアルパジャマ君のままです。
冬場はパジャマの上にカーディガン、下はジーンズをはいて外出しています。

最後までお読み頂き感謝します。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です