岡田健史(本名:水上恒司)が『中学聖日記』で俳優デビュー!創成館の元野球男児で演劇部!プロフィールと大抜擢の理由をまとめました!


2018年10月9日22時スタートのTBS系ドラマ『中学聖日記』で有村架純さんが演じる中学校教師の末永聖の相手役に今回俳優デビューとなり演技経験ゼロの岡田健史さんが1年がかりのオーディションを勝ち抜き見事に相手役を掴んだ超イケメンということで注目されております。

そんな岡田健史さんとは一体どのような人なのでしょうか?

実は元野球男児で演劇部所属だったようですが、岡田さんのプロフィールや画像をまとめてみました!

また、なぜ演技経験ゼロで今作で俳優デビューとなる岡田健史さんがキャスティングされることになったのかも調べてみました。

Sponsored Link

岡田健史さんのプロフィール

出典:http://chikiyasuibuki1104.com

芸名:岡田健史(おかだ・けんし)

本名:水上恒司(みずかみ・こうし)

生年月日:1999年5月12日

出身地:福岡県

血液型:O型

身長:180cm

特技:野球

趣味:筋トレ

かなり顔が整った学ランが似合うイケメンですね!!!

 

岡田さんの所属事務所は、スウィートパワーです。

あの黒木メイサさん、桐谷美鈴さん、内山理名さん等の女性タレント、そしてかつて堀北真希さんも所属していた事務所です。

スウィートパワーって女性タレントしか所属していない事務所だという認識だったのですが、昨今新しく新人俳優部署「スパイスパワー」が設立され、そこに岡田さんは在籍されております。

事務所の影響力もブランド力もあるのでこれから売れていくのは間違いないですね!

このドラマを機に大ブレイクしそうなにおいがプンプンです。

 

でもこんな大人びた身長180㎝の方が中学生役をされるのは違和感があります。

原作を調べてみたところ、中学生編と高校生編があるようです。

中学生編でしたらかなり不自然さが残りますが、高校生編でしたら数か月前まで岡田さんは高校生だったので、そこまで違和感は感じないのではないでしょうか。

 

高校時代は野球部と演劇部に所属!

岡田さんは小学2年生(8歳)の時から野球を始め、それ以降は野球一筋だったようです。

前述の通り、岡田さんは福岡県出身ですが、甲子園出場を目指して長崎の甲子園出場校へと進学されています。

それが長崎の創成館という高校です。

創成館はスポーツの強い高校で、高校野球で甲子園に出場したり、サッカーでは冬の選手権に出場したりと、地元では有名なスポーツ強豪校として人気のある高校ですが、偏差値は38~41位のようです。

野球は強く、今年(2018年)の夏の甲子園に4年ぶり3度目の出場していました。

 

野球部では岡田さんはキャッチャーをされていましたが、在学時代甲子園出場は叶わなかったそうです。

こちらが高校時代のキャッチャー姿の画像です。

ものすごいイケメンですし、爽やかですよね!?

勝手なイメージですが、キャッチャーの方ってもっとずっしりジャイアン的体系の方が多い印象だったのですが、岡田さんのキャッチャー画像を見て今までのイメージが払拭されました。

 

野球部引退後に助っ人として演劇部に参加し、舞台に立ちます。

そしてこの創成館演劇部は県大会にて原爆を題材に描いた作品「髪を梳かす八月」で、九州高等学校演劇研究大会にて最優秀賞を受賞したのです。

その時の岡田さんの役は特攻隊員でした。

こちらがその時の画像になります。

出典:noma66.com

その舞台で演じることにより、今まで野球一筋で無関心だった演劇や芸能界・俳優というものに興味を持ち役者を志されたようです。

 

ちなみに岡田さん、これだけのイケメンをスカウトマンが放ってはおかず、中学1年の時に初めてスカウトされ、その後複数回にわたりスカウトされていたようです。

そして岡田さんが中学生の時から粘り強くスカウトし交渉していた現事務所に所属が決まったそうですよ。

 

高校では野球という情熱、甲子園に出場するという夢があり、それに向かって走っていましたが、その夢が破れた時に新たに「役者になる」という夢と情熱を見つけられたのですね。

そしてそれをサポートしてくれるルックスと粘り強くスカウトをしてくれていた事務所に恵まれるという運を持ち合わせていますね。

 

さらには卒業式で答辞も読んでいたとかですし、人徳もある方なんですね~!!!

出典:noma66.com

周りを惹きつける才能もあるんでしょうね!

Sponsored Link

岡田健史さんが『中学聖日記』に起用された背景

『中学聖日記』のプロデューサーである新井順子さんは不思議な雰囲気をかもし出す少年、晶役を誰に演じてもらうか?と悩んでいたそうです。

この晶役はこのドラマにとってとても重要なポイントで舞台が片田舎の中学校ということもあり、少年と青年の間にいるような、素朴な子にしたいと考えていました。

1年程オーディションをしてもなかなかイメージに合う俳優さんと巡り合えないと思っていた最中、岡田さんがオーディションに来られたようです。

彼の純粋さや、都会ではない場所で育ってきた良い意味で洗練されていない感じ、そして人の目を真っすぐ見て話す様が、晶に通じるものがあると感じました。演技は未経験ではありますが、みんなで彼を晶にしていこう、彼にかけてみようと思い、今回選ばせていただきました。

と、新井さんはコメントされています。

やはり岡田健史さんと出会った人はピュアなところだったり素朴なところ、存在感、人柄に惹きつけられるのでしょうね。

光る何かを持っているんだと思います。

これからドラマを見る視聴者もどんどん虜にしていくのではないでしょうか。

この画像を見るだけでも爽やかさ、素朴さだったりが伝わってきます!

まとめ

演技未経験の岡田さんは現在毎日のようにレッスンをし、演出・塚原あゆ子氏からもマンツーマンで演技指導を受ける日々を過ごされているようです。

初ドラマ出演を通し、晶役とともにご自身の役者としての成長も見どころですね。

そして今後どのような俳優さんに育っていくのかも楽しみです。

今持っている素朴さ、ピュアさ、人柄はなくさず、役者としても人としても大きく成長してほしいです。

 

そして、岡田健史さんのキスシーンと演技についてや主題歌を歌うUruさんに関する記事も是非一緒にご覧ください!

【中学聖日記】岡田健史(黒岩晶)、キスシーンが何だか切ないがとても良い味を出している!?画像あり! Uruのプロフィールとデビューのキッカケは?Youtubeの動画あり!

 

最後までお読み頂きありがとうございます♫

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です