武田真治がマッチョになったキッカケは?筋トレ法と昔と今の画像を比較!


2018年8月NHKにて『みんなで筋肉体操』が放送されるとネットやSNS上で話題となり拡散され、番組中の台詞「筋肉は裏切らない」は新語・流行語対象の候補にもなりました。

好評を博し、2019年1月には2も放送されたほどでした。

そしてつい先日資生堂サンケアブランド『アネッサ』のWEB動画にて前述『みんなで筋肉体操』のメンバーが出演し再度話題となっているようです。

こちらがその動画となります。

武田真治さんを筆頭に、3人の皆さんステキな肉体美を披露されていますね。

 

その中心的存在でもある武田真治さんですが、昔はこんなマッチョではなかった訳ですがいつからこんなマッチョになったのでしょうか?

またマッチョになったキッカケは何だったのか、どのような筋トレ方法を実践されているのか等、昔と今の画像を比較しながら調べてみました。

 

 

『みんなで筋肉体操』の他のメンバーの方の記事はこちらになります。

「よみめいと」本名、小林航太弁護士は筋肉体操出演のイケメンコスプレイヤー!コスプレ画像を検証! イケメン北欧庭師、村雨辰剛の筋肉画像を検証!そして今は庭師とタレント業の副業?
Sponsored Link

 

武田真治のプロフィー

出典:ネタBOX

名前:武田真治(たけだ・しんじ)

生年月日:19721218日(20195月現在46歳)

出身地:北海道札幌市

身長:165cm

血液型:AB

職業:俳優、タレント、筋肉サックスプレーヤー、ナレーター、コスプレイヤー

活動期間:1990年~

配偶者:なし

事務所:ホリプロ

公式サイト:ホリプロ公式サイト

武田真治さんは1989年、高校在学時に『第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞したのをキッカケに芸能界入りされます。

出典:SpicyでMintなLife!

1990年にドラマ「なかよし」で俳優デビューし、1992年には映画「七人のおたく」で映画デビューを果たします。

 

そして1995年にはミュージシャンとしてもデビューし、翌年1996年には「めちゃイケ」に出演するようになり、バラエティでも大活躍をします。

 

ブログ主的にはイケメン俳優というイメージがとても強かったのですが、「めちゃイケ」も2018年まで長期間出演されていたのでバラエティタレントという印象も比較的強いかもしれないですね。

 

 

武田真治さんはサックスプレイヤーとしても有名ですが、サックスを始めたキッカケはチェッカーズのファンであった姉と一緒に音楽番組を見ていた歳、サックスを吹く藤井尚之さんの姿に強く惹かれ憧れを抱いたからだそうです。

中学時代から熱心に練習を重ねられ、将来はサックスプレイヤーになることを夢見ていたため、その足がかりのために前述の『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募したようです。

サックスを今でも続けていらっしゃるのでかなりのレベルということが簡単に伺えますね。

 

そして今の筋肉美とサックス、なかなか絵になりますよね!

出典:tr.tripple.jp

 

武田真治がマッチョに目覚めたキッカケは?

さて、当初はサックスプレイヤーを目指しつつもイケメン俳優で通っていた武田真治さんですが、なぜマッチョになったのでしょうか?

 

実は武田真治さんは、1996年(25歳)頃顎関節症(がくかんせつしょう)を患い、その際に医師から身体全体の筋肉をつけるように勧められトレーニングを始めたのがキッカケのようです。

ちなみに顎関節症とは、

顎関節部(あごかんせつぶ)や咀嚼筋(そしゃくきん)などの疼痛(とうつう)、関節音、開口障害ないし顎運動異常を主要症状とする疾患群の総括的診断名。

 

代表的な症状として、

「あごが痛む」

「口が開かない」

「あごを動かすと音がする」

3つ。

だそうです。

そこで始めたのが筋トレでしたが徐々にハマってしまい、今では『みんなで筋肉体操』でも披露するほどの立派なマッチョになったという運びです。

 

武田真治の筋トレ法とは?

筋トレ方法は週に215kmを75分を目標にジョギングし、ベンチプレス週に3は家で行っているようです。

 

こちらが以前テレビで放送されていた武田真治さんの自宅の筋トレ室です。

出典:ネタチェック

ここでベンチプレスをし、あの素晴らしい肉体美を維持されているのですね。

 

ちなみに武田真治さん本人の話では、「ベンチプレスを中心」に鍛えていらっしゃるそうです。

さらに「ベンチプレスだけと言ってもいい」とまで言い切っています。

 

色々なメニューをこなしてあの筋肉美を手に入れているのかと思っていたので、意外ですよね!?

 

なんでも武田真治さんはボディービルダーを目指している訳ではなく、テレビに露出する機会も多く俳優業もされているので、あまりムキムキになってしまうと役柄に影響が出てしまうため、筋肉が美しく見えるために工夫し独自に生み出した筋トレ法が有酸化運動であるジョギングとベンチプレスなのですね。

 

そして「細マッチョ」をキープされているようです。

出典:ネタチェック

確かに美しいシルエットと言えますよね。

 

そんな武田真治さんの体脂肪率はなんと、6%!!!

プロのアスリートでも10%以上の人は多いと言われており、サッカーの本田圭佑選手体脂肪率で6.6%

出典:週末世界のFootbool

 

これを比較すると武田真治さんの体脂肪率って驚異的ですよね!?

そしてかなりストイックにご自身の筋肉美を保っているのだなということが分かりますね。

Sponsored Link

武田真治の食生活もストイック?

これだけストイックに筋トレをして体脂肪率も6%を誇っているのであれば、食生活の方でもストイックに食事制限をされているのか気になりますが・・・。

特に食事制限はしていない

そうです。

 

もちろん筋肉をしっかりつけるためにプロテインは摂取されているようですが、それ意外は特に食事コントロールはしておらず、

「ラーメンなんかも汁まで飲み干す」

「朝からハンバーガーなんかも普通に食べる」

そうです。

かなり意外ですよね!!!

恐らく食べた分だけジョギングやベンチプレス等をしっかりやって脂肪を燃焼しているのでしょうね。

 

武田真治さんの昔と今の画像を比較

武田真治さんの昔と今の画像を比較してみたいと思います。

 

こちらが若い頃(昔)の武田真治さんの画像です。

出典:ikamimi.work

出典:you-place.com

出典:アマゾン

 

そしてこちらが最近の武田真治さんの画像になります。

出典:daily.co.jp

出典:usaponn.com

出典:geinoujin-gokuhi.com

武田真治さんの昔と今の顔が違うとネットではかなり噂されており、整形疑惑までも浮上しているようです。

「目」と「鼻」が変わったのでは・・・?という声があるようですが、実際のところ顔に関してはちょっと判断がつかないかな・・・というのが個人的な意見です。

 

ですが肉体的にはかなり変わったのが分かりますよね。

ドラマ「南くんの恋人」の画像ではシャツを着ていますがあまり引き締まり感はありませんが、今はシュッとしている感じがしますよね。

いずれにせよ、昔も今もイケメンということに変わりはありませんが・・・。笑

 

まとめ

いかがでしたか?

武田真治さんの簡単なプロフィールをまとめると共に、なぜマッチョになったのか、武田さんご自身の筋トレ法や昔と今の画像を比較しまとめてみました。

昔も今もイケメンですが、今は筋肉も美しくついており肉体美が半端ないですね!

 

マッチョになられたキッカケは病気だったことが分かりましたが、筋トレは現在も続けられており、俳優という職業柄美しく筋肉がつくようにと考慮されているところに武田真治さんのプロ意識ストイックさを感じました。

サックスもプロ並みの技術ですし、俳優業、タレント業、筋肉美、本当に多彩なタレントをお持ちの方だということが分かりました。

 

これからの活躍もそうですが、武田真治さんの筋肉美を見るのも楽しみですね!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました♫

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です