竹内太一(土佐料理司社長)の経歴・学歴、サバイバル経営術とは?年収はどの位?


2019年5月30日の『カンブリア宮殿』に「土佐料理 司」3代目社長竹内太一氏が出演されます。

 

「土佐料理 司」は高知県に1917年(大正6年)創業した老舗であり、土佐料理の代表格である鰹のタタキやウツボの唐揚げ、青のりの天ぷら等を提供し、都内には5店舗も展開する土佐料理店です。

 

竹内太一氏は「土佐料理 司」の3代目として地元高地を盛り上げようと、様々な企業と提携し地域の活性化に奔走し、地方の生き残り策にヒントを提供している素晴らしい経営者です。

 

そんな竹内太一氏の経歴・学歴や経営術、年収、そして都内ではどこに展開しているのか調べてみました。

Sponsored Link

 

竹内太一氏のプロフィールと学歴

出典:https://www.katsuo.co.jp/message

名前:竹内太一(たけうち・たいち)

生年月日:1953年8月18日(2019年5月現在65歳)

出身地:高知県高知市

学歴:明治大学商学部卒

職業:株式会社土佐料理 司 代表取締役社長/一般社団法人「海の幸を未来に残す会」代表理事

竹内氏は1953年に高知県高知市の竹内家の長男として生まれます。

兄弟は姉と妹の3兄弟だったため、生まれた時点で「土佐料理 司」の3代目になることが宿命づけられていたのかもしれませんね。

 

竹内氏は中・高一貫の進学校に入学し、中学では軟式テニス部、高校では水泳部に籍を置いていました。

 

高校卒業後、竹内氏18歳の時(1971年)に家族揃って上京します。

 

当時は新聞記者になりたいと思っていたそうで、同志社大学を目指していたそうですが残念ながら不合格。

日本大学と専修大学には合格したようですが、東京に行くことが決まっていたためやはり自分の選んだ大学に行きたいと我を通し、1年留年し明治大学に入学されます。

 

明治大学商学部の偏差値68~70

中・高と進学校に通われていたのだけあり、頭も良かったことが伺えますね。

 

竹内太一氏と「土佐料理 司」の歴史

冒頭でも述べた通り、竹内氏の祖父が1917年(大正6年)に「土佐料理 司」の前身となる料理店「新京橋ねぼけ」を高知市に創業しました。

出典:https://www.katsuo.co.jp/history

竹内氏の祖父は高級料亭に勤める腕の立つ板前で、その腕を活かし「新京橋ねぼけ」は大衆化しヒットさせます。

 

 

その後「土佐料理」ブランド化を図り推進したのは竹内太一氏の父・和夫氏でした。

 

父・和夫氏は竹内太一氏が生まれる1年前に祖父・小松牛次氏に用紙と迎えられ、竹内太一氏が生まれた翌年、高知県に中華料理店を開業しました。

 

当時家族でこの中華料理店のビルの上に住んでいたそうです。

 

ですがその後、父・和夫氏は土佐の食材や料理に着目し、それまで高地にはなかった土佐料理というカテゴリーを開拓し、「土佐料理 司」1964に開店し、高知県でも名店と名を知らしめます。

出典:https://www.katsuo.co.jp/history

大阪万博の前年1969年に日本で初めての地下街「阪急三番街」が大阪でオープンし、そこに「司」も出店し、大成功を収めます。

 

その際に得た利益で東京・赤坂に土地を購入し自社ビルを建て、土佐料理「祢保希(ねぼけ)」1972年に出店し、東京進出を果たします。

出典:https://www.katsuo.co.jp/history

ただ、常に順調だったわけではなく、東京進出は当初なかなか上手く行かなかったことも多々あったようですが、メディアに紹介されたことがキッカケで都会人たちの旺盛な食欲を満たし、肥えた舌を魅了しました。

 

この赤坂店の成功の後、新宿渋谷銀座丸の内へと出店の足がかりを作ったようです。

 

ちなみに竹内一家は東京に進出された際、中華料理店時代と同様に、この赤坂のビルの4階に住んでいたようです。

Sponsored Link

竹内太一氏と「土佐料理 司」の経歴

竹内太一氏は大学に入学するとヨット部に入部し、ヨットに熱中していたようです。

なんでも1年のうち200日は海で合宿し、学校には殆ど通っていなかったそうです。

「引き算すればわかりますが、学校にはほとんど行っていません。

それでも、無事、卒業できたのは大学紛争があったからでしょうね。

普通だったら、学校も卒業を認めてくれなかったんじゃないかなぁ。」

と当時のことを語っています。

今じゃちょっと考えられないですし、相当日焼けした竹内氏を想像できますね。(笑)

 

 

そんな竹内太一氏ですが大学卒業時には外資の大手コンピューター会社への就職が決まっていました。

 

しかし、大学卒業を前にして、店舗の人手不足に悩んだ母親から家業を継いで欲しいと強く頼まれ、内定を辞退し実家への就職を決断し、1976年に父・和夫氏の会社に入社しました。

 

当時を振り返り、

「もともと強い志をもって、外資系の会社に入りたかったわけではなかったし、親の商売をそばで見ていて外食には興味もあったので、内定した企業をあっさり断り、現在の会社に入社しました」

と、語っています。

 

入社後は調理見習として1年半程働いた後、新宿に開店した2店舗目のお店で店長をされます。

 

 

その後色々なお店を担当し、竹内太一氏は「仕入れ」「採用」等の仕事を経験しながら新しい試みもはじめました。

 

 

例えばそれまでは高地から人を呼んでいたのを「現地採用」を取り入れたり、仕入れに関しても高地からの仕入れルートのみではなく、「産地開拓」をし、魚の種類ごとに産地を変えてその時季で一番いいものを産直でしい入れるなど改革を実施しています。

 

そして竹内太一氏は常務・専務等の要職を経て、1996年46歳の時社長に就任します。

 

ですが当時はバブル崩壊で会社には多額の借金があり課題は山積みでした。

 

そしてまず初めにやるべきこととして多額の借金の返済と赤字店舗を閉店させ、既存店の売上を徐々に回復させていきました。

この時に「店舗数を少なくしても美味しい料理を提供することでお客様に喜んで頂けるお店づくりをしなければいけないということを痛感した」と語っています。

 

なお、「土佐料理 司」は竹内太一氏が社長に就任する4年前の1992に社名を「加寿翁(かずおう)コーポレーション」に変更しますが、創業100週年を迎えた翌年2018に再度「株式会社土佐料理 司」へと社名変更しています。

 

竹内太一氏の経営術

経営者となった竹内太一氏は人材育成制度やメニュー開発をはじめとする企業戦略に大きな興味を抱くようになり、京セラの創業者である稲盛和夫氏が中小企業の経営者を育てるセミナー「盛和塾」に参加し、「リーダーとは」という考えを学びます。

 

そして竹内氏が導き出したリーダーに必要なこととは、

「会社の使命は何かということを社長がしっかりと決めて、それを守ること。

きれいごとだけでは済まされないが、やはり会社の理念はすごく大事だと思います。

経営の神様と言われている稲盛塾長が創業した京セラの経営理念が『従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること』であることを知り、心が揺さぶられました」

また、下記のようにも語っています。

 

「今まで自分が成功したとは一度も思ったことはありません。まだ道半ばだと思っています。

100周年は大きな節目であり、企業革新のチャンスだと捉えています。

まずはわが社の未来を支える人材育成が急務であり、最優先の課題であると考えます。

特に調理師育成制度には力を注いでいます。

具体的には、入社2年目から5年目までの若手調理師を毎月2回、赤坂店にある研修センターに集めて総調理長が直接一人ひとりに技術教育を実施。

店舗だけではフォローできない指導や技術テストを実施して、調理師育成を図っています。

もう一つは、持続可能な漁業を実現するための『海の幸を未来に残す会』の社会活動。

これまでは、日本の豊かな海のお陰で永く商売を続けていくことが出来た。

しかし今後は、危機的な状況にある日本の水産資源を再生する一助となることが自分たちの使命であり、100年続けて来れたことに対する恩返しだと考えています」

事実竹内氏は企業の発展もそうですが、「土佐」に対する恩返しもしっかり行っています。

 

高地の一次産業との関わりも深く持つと同時に、仁淀川の天然鮎が減少していることを受け、2008年に高知県と、いの町・仁淀川流域の森林を協定森林とする「協働の森づくり事業」パートナーズを協定し、森林整備に取り組んだり「自然との共存」というテーマを元に精力的に社会と関わっています。

 

まさに「自然との共存」は我々が今取り組んでいかないといけないテーマです。

なかなか外食産業とリンク出来ないテーマですが、「土佐料理 司」のように地元の食材や新鮮で良い食材にこだわっていると必然的に打ち当たるテーマでもありそうですね。

このテーマで今後どのような取り組みをされていかれるのか、竹内氏の手腕に期待したいですね。

Sponsored Link

竹内太一氏の年収は?

さて、気になる竹内太一氏の年収ですが、どのくらいなのでしょうか?

 

公表はされていないためあくまで推測となりますが、結論から言うと3000~3500万円位なのではないかと思います。

 

『土佐料理 司』資本金3000万円、そして従業員数330名です。

 

 

労務行政研究所が上場企業や有力非上場企業に対して調査・公表した社長の平均年間報酬は以下の通りです。

参照:https://uguisu.skr.jp/tax/ceo_salary.html

 

また、オーナー社長は平均年収3000~3500万円とされています。

 

「土佐料理 司」は100年も続く老舗料亭ですので竹内太一氏もこの位貰っているのではないかと考えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

「土佐料理 司」社長の竹内太一氏の経歴・学歴、サバイバル経営術と年収についてまとめてみました。

 

竹内太一氏は生まれながらにして3代目社長になるべくしてなった方だということが分かりました。

そして赤字の多かった家業を継ぎ経営者となり、会社の規模を大きくするよりも、長く続くにはどうしたら良いのかに重きを置いて堅実に会社を成長させてきた社長さんでした。

 

今後の「土佐料理 司」の成長もそうですが、竹内氏が取り組んでいる「自然との共存」にもどのように取り組んで行かれるのか注目したいなと思いました。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です