工藤勇一(麹町中校長)のプロフィール、学歴・経歴、年収は?教育改革が半端ない!


2019年9月26日放送の『カンブリア宮殿』に、東京都千代田区立麹町中学校校長を務めている工藤勇一さんが出演されます。

 

工藤勇一さんは、2014年に麹町中学校校長に就任し、なんと「宿題なし」「中間期末テストなし」に加え、「クラス担任」と「体育祭のクラス対抗」などを廃止し、全く新しい公立中学の教育システムを作り上げ、教育業界で注目を集めています。

 

こんな学校で中学時代を過ごせたら夢のようですよね?!

 

今までは学校の「当たり前」であったものを一から見直し、教育改革を目論む工藤勇一さんとは一体どういう方なのでしょうか。

 

工藤勇一さんのプロフィール、学歴・経歴、年収、そしてどのような教育改革を実行してきたのか調べてみました。

Sponsored Link

 

工藤勇一のプロフィールと学歴

出典:senseiportal.com

名前:工藤勇一(くどう・ゆういち)

生年月日:1960年生まれ

出身地:山形県鶴岡市生まれ

学歴:東京理科大学理学部応用数学科卒業

職業:東京都千代田区麹町中学校 校長(2014年~)、執筆

工藤さんは1960年生まれなので現在58歳59歳。。。

にも関わらず、とても若く見えますね!

40代後半と言われても信じてしまうと思います。

 

そして風貌が中学校の校長先生というよりはIT企業の社長さんのように見えますね。(;´∀`)

やはりお仕事が楽しいのか、生き生きして見えます!

 

工藤勇一さんは東京理科大学理学部応用数学科を卒業されています。

偏差値は高めで60ほど。

東京理科大学は、理工系を主体とした総合大学として高度な大学として知られています。

 

ちなみに卒業生には2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智氏がいらっしゃいます。

 

東京理科大学を卒業されているので大半は研究職に就かれるかと思いきや、工藤勇一さんは教員へ進まれたということは、東京理科大卒では意外でした。

 

教職員になるという夢があったのかもしれませんね。

 

 

工藤勇一の経歴

工藤勇一さんは大学卒業後は出身地でもある山形県の公立中学校で教員のキャリアをスタートされます。

 

その後は東京都に移り、下記の通り教育畑でキャリアを築き上げてこられました。

山形県中学校教諭

東京都中学校教諭

目黒区立目黒中央中学校副校長

新宿区教委指導課長

千代田区立麹町中学校

 

工藤勇一さんはも執筆されています。

 

  • 学校の「当たり前」をやめた。

学校の「当たり前」をやめた。 生徒も教師も変わる!公立名門中学校長の改革 [ 工藤 勇一 ]

価格:1,944円
(2019/9/24 22:32時点)
感想(6件)

  • 「目的思考」で学びが変わる

「目的思考」で学びが変わる 千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦 [ 多田慎介 ]

価格:1,620円
(2019/9/24 22:36時点)
感想(1件)

  • 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え

麹町中学校の型破り校長 非常識な教え (SB新書) [ 工藤 勇一 ]

価格:896円
(2019/9/24 22:37時点)
感想(1件)

  • 子どもが生きる力をつけるために親ができること

麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること [ 工藤 勇一 ]

価格:1,512円
(2019/9/24 22:38時点)
感想(0件)

どれも面白そうでためになりそうな本ですね。

 

どの本も是非読んでみたいです!

 

Sponsored Link

 

工藤勇一の年収は?

一般的に公立中学校校長の年収は1000~1150万円程のようです。

 

なのでこれも工藤勇一さんに当てはまると思いますが、工藤さんの場合、上記でも触れた通り本の執筆活動もされていますし、テレビにも出演されています。

 

従って本から入ってくる印税やメディア出演からの収入を合わせると1000万円は超える計算になります。

 

1200~1300万円といったところでしょうか・・・?!

 

工藤勇一が進める教育改革とは?

工藤勇一校長が進める教育改革とは一体どういったものなのでしょうか。

そして何故話題になっているのか調べてみました。

 

宿題の廃止

長期休みも含めて宿題は一切なし。

 

ですが、個別の生徒に応じた課題は出すこともあるそうです。

 

宿題は学力定着の「手段」にすぎないのに、それ自体が「目的化」されてしまっていて、宿題自体が学習する習慣の定着、学力アップに結びつくことはないと考えられているそうです。

学校で宿題を出されて子どもが勉強机に向かっていれば勉強の習慣が付くと一般的に考えられていましたが、本当に大事なのは勉強時間よりも勉強の中身であり、自律的に学ぶ経験を積み、自律的に学ぶ姿勢を養ってあげることだと説いています。

 

定期試験の廃止

定期テストを廃止したのは宿題と同様、目的を達成するための手段として適切ではないからです。

 

定期テストを廃止し中間・期末テストの代わりに、各教科で単元テストを行う他、年4~6回の実力テストを実施しているそうです。

 

合格点に達しない生徒は再チャレンジさせて、責任を持って一人ひとりの学力保障を行っていくのが狙いだそうです。

 

単元テスト実施後、間違ったり、分かっていなかったところは人に聞いたり自分で調べたりしてわかるようにし、再テストに臨む。

 

1回覚えただけでは定着しないから、繰り返し勉強して自分のものにするという、自分で調べ、考え、繰り返して定着させるという学びのスタイルを自分なりに身につけていく手段としての改革です。

 

 

クラス担任制の廃止

固定担任制を廃止し、年間を通じて学級担任を固定しない「全員担任制」を導入しています。

 

発想のもとはチーム医療の考え方から来ています。

 

「先生方それぞれの得意分野を持ち寄って、子ども一人ひとりに最適な教育をする。

教科の専門性だけでなく、保護者対応が得意な先生、生徒に寄り添うのが上手な先生、ICTに長けた先生、それぞれの得意を活かして学級経営をすればいい。」という考えに基づいています。

 

行事の見直し

体育祭、文化祭は生徒が中心となって企画、運営するそうです。

修学旅行についても生徒が「ツアー企画」を考え、京都、奈良を現地取材する形式をとっています。

 

服装、持ち物のルール

機能性、経済性を重視し、カバンや靴は自由にしたり、生徒会で私服登校が可能な期間を設定したりしています。

とても革新的な改革ですし、機能的な教育改革だと思います。

例えばテストをとっても、よく「一夜漬け」でテスト勉強しますがこれだとテスト後は勉強したことは何も覚えていないことが多いですよね。

工藤勇一さんの改革であれば、自分で調べ考え繰り返すことにより頭に残ります。

そして自分で率先してやることになるので、自主性が養われます。

 

今までは集団での協調性を重視されていましたが、昨今では「自主性」の必要性が促されています。

これからの社会には必要な教育なのかもしれませんね。

 

麹町中学校の最新施設や越境入学が可能か否かについての記事も是非ご覧ください。

麹町中学校の施設が近代的過ぎ(画像あり)!千代田区外からでも通えるの?

 

まとめ

千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長のプロフィール、学歴、経歴、年収そして教育改革の内容についてまとめてみました。

 

公立中学校なのにテストも宿題もなく、固定担任ではなく全員担任で学校行事も生徒が中心となって行う面白い学校だということが分かりました。

 

今までがんじがらめだった日本の義務教育のシステムにメスを入れ、日本の教育システムの発展に繋げて行って欲しいですね!

今後の工藤勇一さんのご活躍も楽しみですし、『カンブリア宮殿』では何を語られるのか気になります!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です