【ラグビー】何故外国人選手が日本代表としてプレーしているの?その背景や国籍等の条件は?


2019年9月に日本で開催されているラグビーワールドカップ

日本の初戦は対ロシア戦で白星スタート。

徐々に熱が上がってきて各メディアでも日本代表の選手が取り上げられることが増えてきました。

 

そこでブログ主も含め、多くのラグビー初心者が疑問に思うのが、

「なんで外国人が日本代表としてプレーしているの?」

ということではないでしょうか。

オリンピックやサッカーのワールドカップでは日本代表としてプレーするには日本国籍の取得が必要となるのに何故なのでしょう。

 

それは日本代表の選手に外国人がいる理由は、代表になるための条件が他のスポーツと少し違うことにあります。

 

外国人プレイヤーが日本代表としてプレーしている背景やその条件、他の区の外国人選手の割合等を調べてみました。

Sponsored Link

 

外国人選手が日本代表としてプレーできる条件は?

冒頭でも触れた通り、ラグビーにおいては代表に選出される際のルールが他のスポーツとは異なります。

 

覚えておきたいのは、オリンピックなどが採用する「国籍主義」と対比して、ラグビーは「協会主義」を取っていることです。

 

ラグビーはそれぞれの国にラグビー協会があり、ラグビーの代表はその国の協会代表という考えになります。

 

つまり、ラグビーの日本代表は日本協会の代表選手ということです。

 

従ってラグビーでは国籍と代表が一致しない場合があります。

もちろん国籍がある国の代表になることもできますが、下記の条件を満たせば国籍とは異なる国の代表になれるチャンスがあります。

 

ラグビー代表の資格を得る条件

本人が当該国で生まれている

 

②両親、または祖父母のうちの1人が当該国で生まれている

 

③本人が当該国に3年間以上継続して住み続けている

   ※2020年末からは「5年以上」となることが決まっています。

このからのうち、1つを満たしていれば国籍以外の国の代表としてプレーすることが可能となります。

 

キャプテンを務めているリーチマイケル選手は日本に帰化していますが、一番多いのが「当該国で3年以上継続して住み続けている」です。

 

ただ、代表としてプレーする際に気をつけないといけないことがあります。

注意

「一度ある国の代表として試合に出た選手は、他国の代表になることはできない」

と定められています。

 

一時はある国の代表になった後に他国の代表になることができる時期もありました。

 

例えば日本代表のヘッドコーチのジェイミー・ジョセフ氏はこの時期、ニュージーランド代表としてプレーした後に日本代表としてもプレーしています。

出典:afpbb.com

 

こういった理由から日本の国籍がなくても日本代表になれるため、日本代表として外国人選手が多くプレーしているんですね!

 

 

また、ルールの上では現在の日本代表に外国出身の選手がいくらいても問題ありません

 

 

「二重国籍」「多重国籍」を認めない日本に、このような外国人プレイヤーが日本代表としてプレーしていることに違和感を覚える人も多いかもしれませんね。

 

 

他の国の代表はどうなっているの?

日本代表に外国人プレイヤーが多いのは皆さん既にご存知だと思いますが、それでは他の国の代表はどうなっているのでしょうか?

 

実は外国人選手が多いのは日本だけではありません。

 

2015年のワールドカップでは、代表の外国出身選手が10人を超えたチームは日本を含め、6チームありました。

引用:Americas Rugby News内の『Foreign-born players at RWC 2015』

そしてその目的はもちろん、「チームの実力強化」でした。

 

日本では故・平尾誠二氏によるチーム改革をターニングポイントとして外国人選手の積極起用が始まり、その方針がチーム編成にも影響を与えているそうです。

出典:朝日新聞デジタル

 

ちなみにあのオールブラックスですら、全員がニュージーランドの選手というわけではありません。

 

そして全20チームの中で生まれも育ちも自国の選手だけで結成されているのはアルゼンチン代表のたった1チームだけです。

 

こうしてみると、ラグビーって今の社会、「ダイバーシティ(多様性)」を反映しているスポーツですよね?!

Sponsored Link

 

外国人選手が日本代表としてプレーしている背景とは?

それでは何故そもそもラグビーは「国籍主義」ではなく「協会主義」を取ったのでしょうか。

その背景について調べてみました。

 

ほとんどの方がご存知だとは思いますが、ラグビーはイギリス発祥のスポーツです。

 

現在は世界で約100協会が加盟している「ワールドラグビー」という国際組織が世界各地のラグビー協会を取りまとめていますが、長らくイングランドウェールズスコットランドアイルランドという大英帝国内部の4カ国だけが所属する国際ラグビーフットボール評議会(IRFB-International Rugby Football Board)がラグビーの国際試合の管理をしていました。

 

ちなみにこのIRFBは1886年にスコットランド、ウェールズ、アイルランドの3カ国のラグビー協会により発足し、1890年にイングランドのラグビー協会が加盟しています。

 

そのIRFBで1890~1910年代にかけて、「植民地出身者の代表資格」という問題が提議されました。

 

パクス・ブリタニカと称される繁栄を誇った当時の大英帝国は、オーストラリアや南アフリカなど多くの植民地を抱え、そうした植民地にルーツを持ちながら英国本国に暮らす者もいました。

 

そして彼らの中にはラグビーを楽しむ者もおり、本国の各代表チームに入ってプレーしたい者、あるいはそれを周囲から望まれる者もいました。

 

その植民地出身者が本国で代表としてプレーすることを認めるか否かを決める必要がありました。

 

 

そこでフォーカスされたのが、「出生」「居住」という2つの観点でした。

 

「出生」については当該国で生まれていれば、たとえ本人が植民地で生まれていても当該国の代表になれるという血統の考え方を含んでいました。

 

そして1910年頃には当該国に2年間居住していれば代表になれるという「居住」の観点が加わったのです。

 

「一度ある国の代表として試合に出た選手は、他国の代表になることはできない」という規定もこの頃(1892年)に制定されています。

 

 

その後、南アフリカやオーストラリアなどの旧植民地、フランスや日本などの非英国系の国々が組織に加盟することに伴い、世界的なスタンダードと化していきました。

 

 

もう1世紀近く前からある規定だったんですね!

 

ですが今の社会を反映しているように感じます。

 

 

現代社会はグローバル化に伴い自分の生まれ育った国以外の国に居住している方も多いです。

日本でも昨今外国人労働者の姿を見る機会がどんと増えましたよね?!

そして「ダイバーシティ(多様性)」も推進されています。

 

そんな中、ラグビー代表のように出身国や国籍がさまざまな選手たちが1つの勝利を目指して戦う姿は今の社会に結びつけることができると思います。

 

その姿は感動的ですし、国籍にとらわれないスポーツ文化や社会の姿を考える契機にもなります。

 

一言に「外国人」と言ってもその置かれている境遇は一様ではなく、厳しい労働条件や生活環境に置かれている外国人も日本には大勢います。

そうした理想と現実のギャップにも目を向け、より望ましい社会を目指すきっかけになるといいですね。

 

まとめ

なぜ日本代表に外国人プレイヤーが多いのか、その背景や条件についてまとめてみました。

 

外国人プレイヤーが代表になれるようになったのはここ最近のことかと思っていたのですが、実は1世紀も前からあった規定だったのは驚きました。

 

また、その背景についても当時の大英帝国の情勢が反映されており、大変興味深いのと同時にその規定は1世紀経った今の社会にとてもマッチしているように感じました。

 

ラグビーワールドカップを機に、多文化を理解しお互いを受け入れられる社会になっていくといいですね。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です